menu
  1. ブタクサアレルギーになる食品、豆腐は大丈夫?
  2. 水アレルギー患者のレシピとは
  3. 健康にいい青魚もアレルゲンに?口腔アレルギーとは
  4. アレルギーの症状と微熱とステロイドの使用
  5. アレルギー検査の種類
閉じる

アレルギーは完治する?治療法は?お悩み解決!

花粉やハウスダスト、食べ物、金属などアレルギーの原因は様々です。アレルギーの症状によっては完治する場合があります。まずは医師の診察と血液検査を受けて、アレルギーと判断されたらザイザルなどの抗アレルギー薬を服用し治療しましょう。

アレルギー?と思ったら原因を突き止めよう

説明する医師

アレルギーかもしれないと感じたら、何が原因で不調となっているのか、その原因物質を知ることが大切です。
まずは、どんな症状が出ているかということが、アレルギー物質を大まかに特定するための目安となります。
例えば、目や鼻に炎症が起こっているのであれば、空中を浮遊する花粉や埃などのものに反応している可能性があります。
また、胃腸の調子が悪い、皮膚に発疹が出たのであれば、食べ物に原因がある可能性が高くなります。
それから、金属などの特定のものに接触したことで起こるタイプのアレルギーもあります。

次に、いつ症状が出たか考えてみましょう。
例えば、ある特定の季節に出やすいのであれば、その時期に舞う花粉が原因と思われます。
就寝時に出やすいのであれば、家の中のダニや埃のせいかもしれません。
また、特定のものを食べた後に症状が出たり、特定の動物や金属に触った後で調子が悪くなれば、それが原因で起こったと考えられます。
これらの内容を日記やノートのように書き留めると、自分のアレルギー物質が何なのかを知るために役立ちます。
具体的には、いつどこでどんな症状がでたか、何を食べたか、どんなものを触ったか、何の臭いを感じたかといった事を記録しておきましょう。

自分の状態をつかんだら、最後に医師に相談して、アレルギー物質を特定しましょう。
問診の結果や年齢・症状などによってアレルギーが疑われる対象に対し、血液検査が行われることになります。
採血の量としては、指先からほんの数滴で検査できます。
正確で無駄のない診断のためには、症状をきちんと伝える事が大切です。
原因物質が絞り切れずに検査項目を増やすことになれば、金銭的な負担も増えてしまいます。
血液検査によって、自分がどんなものに反応を起こしやすいか、またどれくらい強い反応を示すのかが分かります。

アレルギーは完治する?

マスクをする女性

アレルギーは、アレルギー抗原が体内に入るか触れるなどすると、免疫系の細胞および抗体が外敵と判断することで起こる過敏症状です。
引き起こされる症状には、発疹や炎症など実に様々なものがあります。
一般的に知られる花粉症では鼻水やクシャミといったもので、その他にもアレルギー性鼻炎や気管支炎、喘息、皮膚炎などがあります。

アレルギー疾患の引き金となるアレルゲンにも、花粉やダニ、ハウスダストといったものが挙げられます。
タバコの煙や車の排気ガス、さらには食べ物さえも原因になるのです。
これらの多くのアレルギーは体質的なものが多いとされています。
早くは小さい子どものころから発症するものですが、最近では大人になってから発症したという人も少なくないようです。

症状が現れた際は病院で診察を受けましょう。
それぞれの発症部位や場所によって受ける診療科が変わります。
食べ物や金属に触れることで蕁麻疹などが出た場合は皮膚科です。
目が充血した場合には眼科、喘息で呼吸困難になった場合は呼吸器科といった具合で、小さな子どもであれば小児科になります。
アレルギー疾患にかかる小さい子どもは、大きくなるにつれて自然と治ることも多いとされています。
大人になってから発症した場合などは、症状に合わせた治療法が必要になります。

通常は薬によって症状を抑制しながら、徐々にアレルゲンに対する免疫を得る減感作療法と呼ばれる方法を行います。
完治するかどうかは人によるところが大きく、どの時点で完治と呼ぶかによっても大きく異なります。
実際に減感作療法で完治した人もいます。
ですが、症状が和らいだ、以前と変わらないといった人もおり、非常に長い期間をかけて治療を行っていく必要があります。
喘息は空気の澄んだ地方に引っ越すことで治るとも言われており、実際に治った人もいるようです。
現在では治療薬の開発も発展しており、アレルギーの作用機序も解明されつつあります。
症状の重さなどで条件も変わるので、一概には言えませんが、アレルギーが完治するのは不可能ではないと言えます。

アレルギー症状に効果的なザイザルを使おう

ザイザル

アレルギー症状を抑えることが出来る薬の一つにザイザルがあります。
ザイザルは、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、痒疹などの治療に用いられます。
ザイザルでアレルギー症状緩和が期待できますが、その使用に関しては副作用などを十分理解する必要があります。
健康状態によっては服用を避けたことが良い場合もあります。
服用を避けたほうが良い健康状態とは、てんかんなどの痙攣性疾患があることや腎臓・肝臓障害がある、もしくはそれらの既往歴があるという場合です。
また、健康状態に問題がないという場合でも、妊娠もしは授乳中、他の医薬品を服用しているという場合には使用できないことがあります。
薬の効果が強まったり弱まる可能性がありますので、服用前には必ず医師または薬剤師に相談するようにしましょう。

ザイザルは、通常1日1回、就寝前に服用するようにしましょう。
1日1回の服用で済むため、飲み忘れを防ぐことが出来ますし、薬代による医療費を抑えることにもつながります。
ザイザルのアレルギー症状を和らげる効果は24時間持続します。
就寝前に服用するのは、副作用として眠気や倦怠感を感じるという場合があるためです。
車の運転や危険を伴う機械の操作をするという場合には、十分に注意する必要があります。

ザイザルによる副作用が強いという場合には、アレルギー症状を抑える効果は穏やかでも副作用の少ない他の薬を選ぶようにしましょう。
一人ひとりの体質や症状に応じて最適な薬は異なります。
服用する場合には、必ず医師の判断を仰ぎ、指示に従うようにしましょう。

万が一、飲み忘れた場合には、気がついた時点でなるべく早めに飲むようにしましょう。
しかし、2回分を1度に服用することは避けるようにしましょう。

ザイザルが日本で承認されたのは2010年10月のことです。
これまで、世界90カ国以上の国で使用されている安全性の高い薬です。
アレルギー対策として効果的な医薬品であることは間違いありません。
アレルギーの改善効果は絶大なので副作用にも目を向けて正しく使いこなしましょう。

最新記事

  1. アレルギーにも、様々な症状があります。生まれつきから幼少期、大人までアレルギー体質の発症や体質は…
  2. 市販のチーズの中には、乳化剤が含まれていることがあります。乳という文字が使われているので、乳製品だ…
  3. セチリジン塩酸塩を有効成分とするジルテックは、ベルギーで開発されて日本では1998年から発売されてい…
  4. 口腔アレルギーは、果物や野菜を食べたあとに起こりやすいです。口の中がイガイガしたり、腫れるといっ…
  5. 幼少期からアレルギーに悩まされている方というものは、非常に多いものです。姉妹や兄弟には、アレルギー…
ページ上部へ戻る