menu
  1. 水アレルギー患者のレシピとは
  2. ブタクサアレルギーになる食品、豆腐は大丈夫?
  3. 健康にいい青魚もアレルゲンに?口腔アレルギーとは
  4. アレルギー検査の種類
閉じる

水アレルギー患者のレシピとは

水にアレルギーがあるという珍しい体質の人が、世界にはいるようです。
数は非常に少なく、世界で100例とも35例とも言われています。
水に触れると非常にかゆくなってしまうため、汗をかくことも涙を流すことも厳禁です。
水は飲めないので、果汁や野菜汁を飲み、食事のレシピはドライフードとなります。
生存のために必要なはずだったアレルギー反応が、このような形で出てしまう病に対する治療方法は、現代医学ではまだありません。
知性の最高峰とも言うべきNASAが開発した、水をはじくクリームを使用することによって、なんとか日常生活が送れているようです。
この例からも、アレルギー体質を改善するというのは、非常に困難であることがわかります。

人体は内なる宇宙とも言われますが、アレルギーが起こるメカニズムはだいぶわかってきてはいるものの、治療方法はまだ見出されていません。
ステロイド剤の使用によって、かなり症状を抑えることはできるようになっているものの、非常に強い薬であるため、長く使い続けるわけにはいきません。
短期の使用ならさほど危険はありませんが、長期間使用し続けると、さまざまな副作用を引き起こす場合があります。
アレルギー体質の人が求めるのは、薬を使わなくても普通に暮らせる状態です。
つまり体質改善なわけですが、その方法が編み出されるには、まだ時間がかかりそうです。

科学は日進月歩で進んでいて、症状が出る原理はずいぶん解明されてきたのに、体質改善方法がいまだないということは、相当難しい分野なのでしょう。
ヒントは、アレルギー体質の人が少なかった昔の生活スタイルにあるとの見方もあります。
乳幼児期に、家畜と接触する機会が多かった子供ほど、アレルギーが起こりにくいというデータなどが参考になるのかもしれません。

関連記事

  1. セチリジン塩酸塩の効果と用量用法

  2. アレルギーならたまごは避ける、ステロイド使用

  3. 健康にいい青魚もアレルゲンに?口腔アレルギーとは

  4. アレルギー検査の種類

  5. アレルギーを撃退する方法

  6. アレルギーと通年性と麻疹のこと

おすすめ記事

  1. 健康にいい青魚もアレルゲンに?口腔アレルギーとは
  2. ブタクサアレルギーになる食品、豆腐は大丈夫?
  3. 水アレルギー患者のレシピとは
  4. アレルギー検査の種類

最新記事

  1. セチリジン塩酸塩を有効成分とするジルテックは、ベルギーで開発されて日本では1998年から発売されてい…
  2. 口腔アレルギーは、果物や野菜を食べたあとに起こりやすいです。口の中がイガイガしたり、腫れるといっ…
  3. 幼少期からアレルギーに悩まされている方というものは、非常に多いものです。姉妹や兄弟には、アレルギー…
  4. 特定の成分に対してアレルギーを持つ人が、避けなければならない食品というのがそれぞれあります。食品…
  5. アレルギー体質の場合は、血液検査でたまごアレルギーがないとの結果が出ても、たまごを避けるべきとする皮…
ページ上部へ戻る