menu
  1. 水アレルギー患者のレシピとは
  2. 健康にいい青魚もアレルゲンに?口腔アレルギーとは
  3. アレルギーの症状と微熱とステロイドの使用
  4. アレルギー検査の種類
  5. ブタクサアレルギーになる食品、豆腐は大丈夫?
閉じる

健康にいい青魚もアレルゲンに?口腔アレルギーとは

口腔アレルギーは、果物や野菜を食べたあとに起こりやすいです。
口の中がイガイガしたり、腫れるといった症状があらわれます。

魚を摂取した時にも起こることがあります。
花粉症のある大人に多く、特定の花粉と関係している果物や野菜に反応することで起こります。
青魚には血液をサラサラにしてくれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)といった脂が含まれています。
健康面においても、積極的に摂りたい食品のひとつとされています。
青魚の脂を摂取することで花粉症の症状が和らげられるという研究もあります。

しかし、中には青魚がアレルゲンになってしまうケースもあります。
青魚が主原因というよりも、魚に対する抗体はほとんど同じなので、青魚アレルギーの人はほぼすべての魚に対してアレルギー症状があらわれます。
アレルゲンは魚の筋肉に含まれているパルブラミンとコラーゲンなどのたんぱく質です。
母乳を通して発症することもあります。
多い症状として、じんま疹や口腔アレルギーがあります。
そのほか、喉頭浮腫や喘息といった重い症状があらわれることもあります。
ただし、サバなどの青魚を食べた時に出るじんま疹、下痢、腹痛といった症状の原因は別にあります。
それは、魚の肉に蓄積したヒスタミンなどの生理活性アミンという身体になんらかの反応を引き起こすアミンを摂取したことが原因です。
鮮度が落ちたものなどが原因なので、アレルギー反応ではありません。

また、魚に寄生しているアニキサスもアレルギーも魚のアレルギー反応と似た症状があらわれます。
これを判別するには、血液検査でIgE特異抗体の検査をすることで調べることができます。
アニキサスは焼いたり煮たりしてもアレルギー活性をなくすことはできません。

関連記事

  1. アレルギーと通年性と麻疹のこと

  2. アレルギーの症状と微熱とステロイドの使用

  3. ブタクサアレルギーになる食品、豆腐は大丈夫?

  4. セチリジン塩酸塩の効果と用量用法

  5. アレルギー検査の種類

  6. アレルギーならたまごは避ける、ステロイド使用

おすすめ記事

  1. アレルギーの症状と微熱とステロイドの使用
  2. 健康にいい青魚もアレルゲンに?口腔アレルギーとは
  3. ブタクサアレルギーになる食品、豆腐は大丈夫?
  4. 水アレルギー患者のレシピとは
  5. アレルギー検査の種類

最新記事

  1. アレルギーにも、様々な症状があります。生まれつきから幼少期、大人までアレルギー体質の発症や体質は…
  2. 市販のチーズの中には、乳化剤が含まれていることがあります。乳という文字が使われているので、乳製品だ…
  3. セチリジン塩酸塩を有効成分とするジルテックは、ベルギーで開発されて日本では1998年から発売されてい…
  4. 口腔アレルギーは、果物や野菜を食べたあとに起こりやすいです。口の中がイガイガしたり、腫れるといっ…
  5. 幼少期からアレルギーに悩まされている方というものは、非常に多いものです。姉妹や兄弟には、アレルギー…
ページ上部へ戻る