menu
  1. ブタクサアレルギーになる食品、豆腐は大丈夫?
  2. 健康にいい青魚もアレルゲンに?口腔アレルギーとは
  3. 水アレルギー患者のレシピとは
  4. アレルギー検査の種類
閉じる

アレルギーと通年性と麻疹のこと

幼少期からアレルギーに悩まされている方というものは、非常に多いものです。
姉妹や兄弟には、アレルギーがまったくないものの、なぜか自分だけは酷いアレルギー体質になってしまっていることがあります。
それが一年を通して、つまり通年性でアレルギー体質である、このような方は意外にも多いものです。
原因としては、元々体質が弱かった、などの理由があります。

遺伝だけでなく、環境でもこのような通年性のアレルギーになってしまうことはあるとされています。
例えば、山林近くの場合には、本人が気づかなくても花粉などが飛んでいることがあります。
それらにとても敏感な体質のケースでは、常にアレルギーの元である、花粉を吸いこんでしまっている形となり、そのような形で、体に麻疹が出てしまう、というケースがあります。

また、アレルギー体質の方の場合には、蕁麻疹もとても多く出てしまうことがあります。
これは、ストレスによる蕁麻疹とも言われています。
もともと、そば粉などのアレルギーを持っている方の場合には、肌がとても弱いために、ストレスが負荷されると非常に痒みのある、つらい麻疹、蕁麻疹が立て続けに何週間にもわたって、出てしまうことがあるのです。
その際には、皮膚科の医師から、ステロイドなどを処方してもらい、それらの強いステロイドを使って麻疹を治していく形になります。

また、人によっては、このような体質の場合には、自律神経の乱れなどがある、とされているため、温かいお湯と冷たい水、これらを交互にシャワーなどで浴びることが大切です。
またはサウナに長時間入り、こまめに冷たいシャワーを浴びるなどして、自律神経を活発化させると、皮膚などから、麻疹が消えることがあるとも言われています。

関連記事

  1. セチリジン塩酸塩の効果と用量用法

  2. 水アレルギー患者のレシピとは

  3. アレルギー検査の種類

  4. アレルギーを撃退する方法

  5. アレルギーならたまごは避ける、ステロイド使用

  6. ブタクサアレルギーになる食品、豆腐は大丈夫?

おすすめ記事

  1. 健康にいい青魚もアレルゲンに?口腔アレルギーとは
  2. ブタクサアレルギーになる食品、豆腐は大丈夫?
  3. 水アレルギー患者のレシピとは
  4. アレルギー検査の種類

最新記事

  1. セチリジン塩酸塩を有効成分とするジルテックは、ベルギーで開発されて日本では1998年から発売されてい…
  2. 口腔アレルギーは、果物や野菜を食べたあとに起こりやすいです。口の中がイガイガしたり、腫れるといっ…
  3. 幼少期からアレルギーに悩まされている方というものは、非常に多いものです。姉妹や兄弟には、アレルギー…
  4. 特定の成分に対してアレルギーを持つ人が、避けなければならない食品というのがそれぞれあります。食品…
  5. アレルギー体質の場合は、血液検査でたまごアレルギーがないとの結果が出ても、たまごを避けるべきとする皮…
ページ上部へ戻る